アンテナ工事をするなら専門業者を見極めることが大切

作業員

電波の受信のために

作業員

外壁やベランダから設置

地デジ放送の視聴には、基本的には地デジアンテナが必要となります。電波を多く受信できる地域なら、地デジアンテナがなくても、ある程度は視聴できることがあります。しかしノイズが入る可能性が高いため、快適に視聴するためには、やはり地デジアンテナを設置した方が良いとされているのです。地デジアンテナには、室内用と室外用の2種類があり、前者の場合は自身でも設置できます。ただし壁や屋根などに電波が遮られることで、多少のノイズが入ることもあります。一方室外用の地デジアンテナは、屋根など高所に取り付けることになるため、業者に設置工事を依頼する必要があります。しかし壁や屋根の影響を受けない分、電波をよりしっかりと受信できるので、鮮明な映像や音声を楽しむことが可能となるのです。設置工事費は、業者にもよりますが3万円ほどが相場となっています。古い地デジアンテナなどが設置してあった場合には、それを取り外して処分する必要があるので、別途5千円ほどの支払いが必要となります。また設置工事当日には、業者のスムーズな作業のために、住宅の外壁の周辺やベランダを、ある程度整理しておく必要があります。特に洗濯物は、プライバシー保護のためにも、あらかじめ取り込んでおくことが大事です。業者は屋外やベランダから、はしごを外壁に立てかけることで屋根に移動し、地デジアンテナを設置するからです。電波の受信状況の確認や機材の搬入などで、室内も歩くことになるため、そこでもある程度の整理を要求されることがあります。